防水工事

防水工事

防水工事とは、コンクリート建造物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。

初期硬化によりわずかながらクラック(ひび割れ)が一般的な鉄筋コンクリート構造物には存在しています。
最初は全く影響ありませんが、年月と共にその微小なクラックが大きくなっていき、水漏れ等の原因になります。

  

なぜ、防水工事が必要となってくるのか?

特に鉄筋コンクリート構造物においては定期的な防水工事が必要になってきます。
漏水は建物内部に損害をもたらすだけではなく、建物の耐久性能が著しく低下し始めます。

その他にも、住宅の屋根・外壁・ベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事をお勧めします。
防水工事を行うことで建物の寿命を短くすることができます。

ページの先頭へ戻る